裁判になるか

怪我を負ったり、大事なものが壊れたりといった交通事故による被害をうけた時は慰謝料を請求できます。相手側の保険会社は示談で済ませようと動きますが、示談金の額は慰謝料よりもはるかに少ないので、今後のことも考えて、できる限り高い額を請求するのが基本です。時には裁判に発展することもあるといいますが、実際のところ裁判になる可能性はどれだけあるのでしょうか。

交通事故の慰謝料請求による裁判は、実のところそれほど多くは行われていません。事故の被害者側も加害者側も、時間と予算がかさんでいく裁判は割ける傾向にあり、保険会社や弁護士もほとんど同じ意見です。交通事故の9割近くは示談による損害賠償の合意が行われており、お互いが納得できる慰謝料を受け取ることができるでしょう。もちろん納得するまで争いたいという方は、弁護士に依頼して裁判を起こすことも可能です

裁判を起こす際は、当然弁護士のサポートが必要不可欠となりますが、やはり裁判となるとかかる費用も高くなってきます。相談の回数が増えるごとに相談料はかさみ、着手金や報奨金の額もどんどん上がるので、予算や労力に見合う成果が得られるかどうかはわかりません。あくまで裁判は最後の手段として考え、どう行動すれば良いかは、長年の経験を積んだ弁護士に相談して判断するようにしましょう。