プロに相談

基本的に交通事故の慰謝料請求は弁護士に相談してからの話です。保険会社が提示する示談金は、本当に必要最低限の治療費だけで、その後の生活についての補償は一切されません。そのため弁護士に話がついていないうちは、示談を要求されても契約しないようにしてください。弁護士への相談は早ければ早いほどスムーズに交渉が進むので、できれば事故に遭ってからすぐに候補を選びたいところです。生命保険などには弁護士を紹介してくれる特約もありますが、実際に何人かの弁護士と話をしてみて、よりよい印象を持った弁護士に依頼するのが理想です。

たいした怪我がないから、示談で済ませたという方も多いですが、交通事故による被害は事故に起きた直後に現れるとは限りません。例えばむち打ち症は事故を起こしてからしばらくして現れることが多いため、示談が成立した後に発覚すると、その治療費はすべて自分でまかなう必要があります。そうした事態も想定して、慰謝料請求は今後発生すると思われる様々な生活の変化を見越して、できる限り額を増やしておく必要があります。

交通事故による慰謝料請求は素人が完璧に行えるものではありません。ましてや事故に遭った直後の精神的にも不安定になりやすい時期に準備をするのも難しいので、面倒な交渉などはすべてプロに任せてしまいましょう。自分で動くのが難しいなら、身内に弁護士を探してもらうのもひとつの手です。